収納スペースをうまく使いこなす方法

押入れの中やボックスにタンスはすぐに物がいっぱいになってしまうことが多くて服や物が入りきらないままついその辺に放置してしまうことがよくありますが、とあるものを使って収納してみると、不思議と入らなかったものがどんどん入っていくんです!
その使用するものは、ダンボールまたは箱です。
使い方はいたってシンプルで、その収納箱に合わせてダンボールを切って一枚一枚にしていき、壁のように感覚おきに入れていきます。
その間、収納するものの種類によっては幅などが関係してくるのでそれに合わせて切って使用してください。
下着、靴下、タオルなど簡単に綺麗に混ざることなくしまうことができます。
服に関しては、夏服や冬服は別で入れておきたいので、それにもダンボール壁を利用すると簡単に収納できて余った隙間に対して、ダンボールを挟んでさらに収納ができます。
箱の使い方も簡単でその隙間に対して箱を入れてその中にものを入れることも可能です。
ダンボール壁で耐久性に心配される方は箱を使用してもいいと思いますので、この方法もオススメです。
この方法かなり便利で、牛乳パックの方法もあるのですが、匂いがきになるのでダンボールを使用したほうがいいです!
そのやり方をしてから服が増えてもだいぶ綺麗に片付けることができました。