月別: 2018年11月

トイレは清潔感が大事

念願のマイホームですが、後悔しているところはトイレです。
建築にあたって、壁紙やクロスの色、カーテンなどいろいろ決める事があります。
トイレの壁紙などももちろんなのですが、便器の色も当然決める事になる訳です。
その時の自分が若かったからなのか…チョイスしたのはなぜかピンク…
主人の反対も押しきり、「かわいいじゃん」の私の押しで、わが家のトイレの便器はピンクになりました。
築10年も過ぎた今、自分も年齢を重ね趣味も変わってきました。
世の中断捨離ブーム、シンプル思考、自分もシンプルで飾りっ気なしのものを好むようになってきました。
そうなるといくら家のインテリアなどを変えても、トイレだけはピンクのイメージが色濃く残ります。
何故ピンクにしてしまったんだろうと激しく後悔。
シンプルな白いトイレで、清潔感溢れる空間を目指したいのですが、トイレを交換するのは金額もかかりますし、そう簡単にはいきません。
長い目で見てお高い買い物をする時は、やっぱりシンプルで飾り気のないものを選ぶ事をおすすめします。
今後自分の好みがどのような方向に変わろうとも、白はどんな色にもなじんでくれます。
何年後になるかわかりませんが、わが家のトイレも交換する時がくれば…今度は迷わず白を選びます。

収納スペースをうまく使いこなす方法

押入れの中やボックスにタンスはすぐに物がいっぱいになってしまうことが多くて服や物が入りきらないままついその辺に放置してしまうことがよくありますが、とあるものを使って収納してみると、不思議と入らなかったものがどんどん入っていくんです!
その使用するものは、ダンボールまたは箱です。
使い方はいたってシンプルで、その収納箱に合わせてダンボールを切って一枚一枚にしていき、壁のように感覚おきに入れていきます。
その間、収納するものの種類によっては幅などが関係してくるのでそれに合わせて切って使用してください。
下着、靴下、タオルなど簡単に綺麗に混ざることなくしまうことができます。
服に関しては、夏服や冬服は別で入れておきたいので、それにもダンボール壁を利用すると簡単に収納できて余った隙間に対して、ダンボールを挟んでさらに収納ができます。
箱の使い方も簡単でその隙間に対して箱を入れてその中にものを入れることも可能です。
ダンボール壁で耐久性に心配される方は箱を使用してもいいと思いますので、この方法もオススメです。
この方法かなり便利で、牛乳パックの方法もあるのですが、匂いがきになるのでダンボールを使用したほうがいいです!
そのやり方をしてから服が増えてもだいぶ綺麗に片付けることができました。

大きくなっても会いたくなる部屋作り

現在12月から新しく住む家を建てています。
担当者の方と間取りや収納の位置など1から作り出しているので完成がとても楽しみです。
タイトルにある「大きくなっても会いたくなる部屋作り」ですが、我が家は子供が二人とも男の子。その為将来もっと大きくなったら思春期や反抗期が来るはず…それでも毎日顔は合わせたい(会いたい)。そう考えた時にやはり2階に上がる階段はリビング階段にし、ケンカをしても落ち込んで居ても必ず顔は会わせましょうと決めました。
また洗面所はこちらも男子が多い我が家は仕切りがいつか必要になるかもしれない、引っ越したらお泊まりに来てくれる人が増えるかもしれないと思い仕切りを付けられるように今の洗面所よりも広くしました。ただ仕切りは壁を作らず突っ張り棒などで安く済ませる予定です。
2階がインナーバルコニーになるので、雨の日は洗濯物を2階へ…大変ではありますが、リビングに洗濯物が溢れかえらないのと夏は衣類乾燥機を使うことにより部屋が暑くなるのを防ぐ事が出来ます。
階段周りと洗面所、トイレの近くに収納棚が設置されます。内蔵型なので普段は人が来ても見えないように。
今とは真逆な部屋が完成予定なので(笑)、家族が慣れるか心配ですが毎日会える部屋、楽しい部屋作りを充実させる予定です。
引越し 見積もり 電話なし