愛情とお金とどっちも必要

貧乏は本当に辛いけれどもでもやっぱりお金持ちにはかなわないと思うこともあるけれど
だけど貧乏だから本当に良かったと思うこともあります
なぜかと言うと女の痛みがやっぱり少しは分かるようになったということです
お金を持って行った時持っていたと言っても本当に少しばかりでした
けれどもう少しばかりでしたけれどもそれでもやっぱりお金持ちだけでも本当にいられないの館事です
お金持ちだけで見られないというよりもお金があっても、他生のお金がなくてもやっぱり人間幸せは買えないのだと思います
あばら私は今の本当に貧乏な暮らしがとても辛いこともたくさんありますけれど、お嫁さんがいてくれて猫がいてくれて家族がいてくれて本当に幸せだと思っています
もちろん愛情でお腹いっぱいにならないけれど
でも愛情がないとどんなにお金があってもそれは虚しいということを私は知っています
愛情があったらやっぱり生きていこうと思います
お金があっても愛情がなければどんなに虚しく寂しいことでしょう
そんなに辛いことでしょう
愛情があってお金がなければそれもそれでそのものすごく辛いことです
だからどっちも必要なんだというふうに思っています